スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W-ZERO3シリーズ

HYBRID W-ZERO3の発売から早1ヶ月が経過しました
端末の使い方にもだんだんと慣れてきた感はありますが

その間WILLCOMは会社更生手続きを進め事実上倒産しました
今後は経営再建策をどう取りまとめ
現状抱えるユーザーをどう支えるのか
首脳陣にとっては頭の痛い問題が続くでしょう

ですがWILLCOMは日本の市場にスマートフォンという分野を切り開いた
開拓者であることは間違いありません

とりあえず1ユーザーとして過去のW-ZERO3シリーズ
そして最新機種たるHYBRID W-ZERO3について少し語ってみたいと思います



初代W-ZERO3(WS003SH)
WS003SH.jpg
2005年12月14日W-ZERO3はQWERTYキーボードを搭載した
国内初のスマートフォンとして発売されました
自分が購入したのは年が開けて新色追加のタイミングでの購入でしたが
なんといっても自分の心を打ったのは電話機として使えるPDA
そしてQWERTYキーボードです

QWERTYキーはとても文字入力しやすく
またアプリを自由にインストールできるところなど
ホントになんでもできる端末として実に思い出深い端末でした
ただ初物ということもあり予想外に使い辛い面も多々ありましたw
ですが便利なフリーソフトを作成してくださる方々のおかげで
なんとか常用できるレベルにまで達し約2年間この端末を愛用しました

さすがに今使うとよくこんなの使っていたなとの思いもありますが
ホント思い出深い端末です



W-ZERO3(WS004SH)
WS004SH.jpg
メモリ増強等が図られたマイナーチェンジモデルです
白がほしいなぁ~と横目で見ながら結局購入には至りませんでした
W-ZERO3シリーズの中で唯一所有していないモデルです
基本的にWS003SHと大きな違いはありません



W-ZERO3[es](WS007SH)
WS007SH.jpg
2006年7月27日に発売されたW-ZERO3
より携帯らしくということで10キーが前面に搭載されました
QWERTYキーも継続して搭載されデュアルキーボードとして
メール等簡単な文字入力は10キーで長文入力はQWERTYでと
使い勝手をより進化させたモデルです
液晶画面は2.8インチのVGAと少し小さくなってしまったのですが
初代W-ZERO3とは違いコンパクト化を図り電話らしさを強調したモデルといえます
自分は発売日には購入せず2007年頭に購入しました
実質的な利用期間は半年程度で思い入れは少ないのですが使い勝手は良好でした
W-ZERO3メールやキーロックキーが初めて搭載されたモデルでもあります



Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH)
WS011SH.jpg
通称アドエスと呼ばれた先代モデルであるWS007SHをより進化させたモデル
2007年7月19日に発売されました
ほぼ発売同時期に購入し使い易さバランス共非常に良く出来た端末でした
便利なフリーソフトも多数開発され
またこの端末からスタイラスは本体に収納できなくなりました
そんな面もあったので自分は基本的にタッチパネルに一切触れないような
カスタマイズをして使っていました
W-ZERO3メール等の出来も良く使っていて一番快適な端末でした
Xcrawlと呼ばれるくるくる回して上下スクロールする機能が初めて搭載されました


WILLCOM 03(WS020SH)
WS020SH.jpg
2008年6月27日に発売されたW-ZERO3
名称にW-ZERO3の文字はありませんが紛れも無いW-ZERO3だと思います
物理的な10キーは消滅してイルミキーとして十字キーと
10キーを切り替える革新的なインプットパネルを前面に備えました
QWERTYキーボードも継続して搭載しユーザーから希望の多かった
Bluetoothも初めて搭載され、おまけにワンセグまで搭載されました
シリーズ最小の大きさでもはや普通の携帯と遜色ないレベルでした
持ち運びも楽ですしスマーフォン特有のなんでも出来ちゃう利便性で
ほぼ不満のない端末となりました
イルミキーは癖があるものの慣れればなんとか使えますし
コンパクトさを図るための技術としては素晴らしいものだと思います
ただ太陽光の元ではなんにも見えなくなるという欠点もありましたがw
これは発売日当日に購入し先日のHYBRID W-ZERO3購入までの
約1年半の間利用しました。なかなか思い出深い良くできた端末でした



HYBRID W-ZERO3(WS027SH)
WS027SH.jpg
2010年1月28日に発売された最新のW-ZERO3です
これまでアイデンティティとしてきたQWERTYキーボードを搭載せず
小型化を続けてきた本体も初めて前モデルより大きくなりました
これには色々と思惑があるのでしょうが個人的には少し残念ではあります
Shoinが改善され10キーでの文字入力はさほど苦にならないのですが
QWERTYの優位性というのは文字入力だけでなくファイラーでの
複数選択やコピー&ペースト等細かいところで実に重宝していたからです
WM6.5の仕様変更によりタップ操作はスクロールになったりで
尚のこと使いにくさを助長する結果となってしまいました
これについてはやはりというか残念な部分ですね

ですがHYBRID W-ZERO3はその名の通りPHSと3Gの二通りの通信を持っています
通信速度の弱さを3Gで補い3Gを使った通信は実に快適です

そしてGPSの搭載
これは何気に嬉しいところです
地図ソフトがより具体的に使えるようになりますので
自分みたいな方向音痴には本当にありがたいですw

ただやはり今回の端末は少しコンセプトがちぐはぐな感じがします

スマートフォン初心者にも使い易い端末

恐らく目指したのはそこだと思うのですが
そう考えればQWERTYの非搭載もある程度は納得出来ます
ですが何故大きくしたのでしょう?
縦利用を主とした携帯チックなスマーフォンを目指すのであれば
サイズ的にはWILLCOM 03と同程度にするべきだったのではないでしょうか
正直縦で使う分には10キー操作にしても何にしても少し手に余る感じがします
ズッシリくる重量には目をつむるとしてもここは少し違和感を感じるところです
そして先日の日記にも書かせていただきましたが
WILLCOM UIの酷さ・・・うーんどうしちゃったんだろうというのが
HYBRID W-ZERO3に感じる正直なところです

WILLCOM 03までは正常進化という言葉がしっくり来るのですが
今回の端末はどうしても中途半端な気がしてなりません

使い勝手のよいカメラを手に入れたり良い部分も多いのですが
全体的なコンセプトがどうにもちぐはぐな感じです

とりあえず今後ファームアップやソフト提供があるかもしれませんが
まずはしっかりしたメーラー
せめてこれくらいは用意してほしいと思います



以上全6機種を簡単に紹介させてもらいました
内5台を所有していますが
スマートフォンを日本市場に根付かせたという意味では
WILLCOMのその功績は評価に値すると思います
ですが商売というのは難しいものですね
現状のWILLCOMを見るに今回の端末が恐らく最後のW-ZERO3になると思いますが
長く愛用してきてますし停波するまでは付き合おうと思います

なんだか寂しいオチなってしまってすいません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HYBRID W-ZERO3
管理人:みぎろー
モバイルな機器を日々愛しんでおります
さしたる記事もございませんが
お付き合いください。

すまーつ工房展示場はこちら

ご用の際はこちら

広告
ウィルコムストア

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
全記事一覧表示

全ての記事を一覧表示する

FC2カウンター

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。