スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsVista SP1

今回はAd[es]から少し離れて愛用中のLOOX Uのお話。
先日公開されたWindowsVista SP1を入れると
内部的に相当最適化が進んだのか処理が20%程度向上するなんて記事を
ちらほら見ましたので試しに導入してみることに。

vistasp1.png
入れてみました。

早速試してみると・・・おおおなんか処理が軽くなってる気がするw
調子に乗ってスタートアップやサービスをびしびし止める
さらに軽くなってきた!!いいぞー!!
さらに調子にのっていらなそうなアプリは片っ端から削除!!
おお軽い軽い。
さらにさらに調子に乗っていちいち五月蝿いセキュリティーセンターを
止めてしまう暴挙にw

大分快適になりましたがこの環境お勧めしませんw
LOOX Uは基本的に常用してないので
壊れてもいいや的なお遊び感覚でやってますw
悪戯しすぎてよくリカバリしますしw

自分のLOOX Uの基本的な使い方は動画プレーヤーです。
なのでスタンドアロンで使うことが多いです。
Ad[es]で見てもいいんですけどやっぱり動画を見るときは
画面大きいほうがいいなーと
あといちいち再エンコードしなくていいのもポイントですね。
HDDも大きいですしデータ転送も早かったり
DVDなんかも吸い出したデータをそのまま見れたりで
動画系はPCでやると無理がないですねー

軽くWEB見たり2ch見たりはAd[es]のほうが快適なんですけど
処理の重いニコなんかはLOOX Uで見たりしてます。
この辺をAd[es]とLOOX Uで使い分ける感じで
モバイル環境も大分整理されてきました。

Ad[es]で全てをまかなうっていうのが理想ですが
少し分業したほうがいいのかなーと
そんな感じで動画系はLOOX Uに固めてます。

しかしこーゆーちんまいデジタルデバイスは
弄ってて面白いですねw
スポンサーサイト

PowerOnMemo (MortScript)

MortScriptの関数にRunOnPowerOnというものがあります。
サスペンド復帰や電源オン時に発生するイベントスケジュールに
アプリ機動等を登録するものなのですが
なにか使い道ないかなーとちょこちょこ遊んでるうちに
なんとなく作成したものですw

ダウンロードはこちらから

内容としてはただの「簡易メモ」なのですが
サスペンド復帰時や電源オン時にその内容を
表示するといった動作をします。
覚え書きとして利用して用が済んだら編集して再セット
もしくはキャンセルして終了という使い方を想定してます。

使い方
ダウンロ-ドできましたらZIPファイルになっていますので
解凍してできたものをフォルダごと任意の場所に放り込んでください。
あとはスクリプトを起動して
「新規メモでPowerOnMemoをセット」を選択します
poweronmemo1.png

メモを入力します
poweronmemo2.png

入力後「セットしました」の窓が出ます。
poweronmemo3.png

続いて確認用にメモが表示されます。
poweronmemo4.png

そのままOKを押して下さい。
これで準備OKです。

以降はサスペンド復帰時や電源オン時に入力したメモが
表示されるようになります。


PowerOnMemoを解除する場合は
メモが表示されたときに「キャンセル」を選択するか
スクリプトを起動して「PowerOnMemoを解除」を選択して下さい。
poweronmemo6.png


と概ねの流れはこんな感じです。
以下注意事項です。


メモの入力について
MortScriptの仕様のようなのですが
メモ入力時の改行Ctrl+Enter で行います。
またATOKの追尾変換で入力しようと表示された候補を
そのまま選択すると何故か文頭にきてしまいます。
一文字でも打ったうえで選択するとそのまま入力されるのですが
これは対策できなかったので直接入力するか
一文字でも打ったうえで追尾候補を選択する形でお願いします。


メモの表示について
電話着信によりサスペンドから復帰した場合は
メモを表示しないようになっています。
またメモはサスペンド復帰時や電源オン時に
Today画面でないと表示されません。
これはアラームソフトやPowWow等サスペンド復帰時に
なにか処理をするアプリに対する回避策として導入してあります。


待機時間について
PowerOnMemoは復帰時にToday画面でないと表示しませんので
PowWow等サスペンドからの復帰毎に表示されるアプリが導入されていると
まったく表示されなくなってしまいます。
そのためメモ表示までの待機時間を設定できるようになっています。
poweronmemo8.png
これで設定した時間内はPowerOnMemoは終了せずに待機します。
その間にToday画面が表示されればメモが表示されます。
1~60以内で設定して下さい。(単位は秒です)
※ 99と入力すると待機時間なしになります。

設定例(PowWowの場合)
PowWowのTimeOutを10秒に設定している場合
同じように待機時間を10秒にしてあげると
PowWow起動時(時計画面)はメモ表示を待機します。
PowWowを解除してToday画面が表示されれば
その時点でメモが表示されます。

サスペンド復帰時に何かするアプリを導入していなくても
10秒程度の待機時間を付けておくと使いやすいと思います。


副産物
メモの保存用に PowerOnMemo.txt
設定ファイルとして PowerOnMemo.ini
がスクリプトと同じ場所にそれぞれ作成されます。


※PowerOnMemo.mscrを削除する時の注意 (重要)
PowerOnMemo.mscrを削除する場合は本スクリプトを
削除する前にNotifcationsに登録されている
パワーオンイベントを削除しないといけません。
方法はメモ表示されているときに「キャンセル」を選択するか
スクリプトを起動して「PowerOnMemoを解除」を選択して下さい。
その後 PowerOnMemo.mscr 及び副産物を削除していただければOKです。


テスト環境
テストはAd[es]でしか行っていませんが
W-ZERO3シリーズであれば動くと思います。


最後に
こういった簡易メモ的なものはToday画面に
表示しておくのが一般的なんですが
窓で出すのもいいんじゃないかなと思い作成しました。
Today画面を占有しないのが利点です・・・というのは建前で
RunOnPowerOnを使いたかったっていうのが正直なところですw
あと実際使ってみると少々うざく感じるかもしれませんw
自分的には気に入ってるんですがw

RunOnPowerOnを使いたいという不純な動機から
スタートしてますので実用的とは言い難いところも
少々ありますが、もし宜しければお使いください。

過去の記事について

いままでアプリ紹介やら自作物の紹介やら日々の戯言やら(w)
いくつかの記事を書かせていただきましたが
特にアプリ物の記事についてはバージョンアップ等により
機能が増えたり使い方が変更になったりとで情報が古くなります。

よって気が付いたものは記事を直すのですが
その履歴をプロフィール欄に載せることにしました。
特に自作物のスクリプトは勢いで作ってるとこもあるので
コードの修正を頻繁にしそうですw

過去の記事は昔の記事を探さないとすぐに見つけられないので
プロフィール欄に書いておけばわかりやすいかなと

さっそく超愛用中のHooKKeyHookの記事を直しておきました。
キーコードに対応!!ダブルクリック!!すごい!!
更新日は・・・ずいぶん前ですね・・・
全然気付きませんでした・・・orz

とそんな感じで事務連絡ですw

あとコメント等におけるURL記載をスパム対策で禁止してたのですが
不便もあるのでとりあえず外してみました。
スパムこないといいなー

標準の連絡先を使ってみよう!

自分は標準の連絡先って新しく連絡先を登録したり
編集したりする以外はほとんど使ってなかったのですが
先日ちょいと使ってみたら割といけるかもって思えたので
特に詳しく解説してるサイトもなかったようでしたので
ちょっぴり掘り下げて解説してみたいと思いますw

おそらくは初めてW-ZERO3もといWindowsMobile端末を手にした人は
この連絡先を使ってみるんじゃないかと思います。
そして 「使い難い!!」って思うんじゃないかなと思いますw

携帯の電話帳等の連絡先アプリと比較すると
とにかく気の効かない作りになっているのは事実ですw

それでもせっかく最初から入ってるアプリですし
電話やメールソフトから宛先を選ぶとこの連絡先が
立ち上がってしまうという点もあります。
頑張って使ってみましょうw

まず起動。
若干もさっとしますがまぁ我慢できるレベルです。

で表示される画面がこれです。
contants01.png
50音順で並んでいます。

[1Aあかさたなはまやらわ]のタブが表示されていますが
横にキーを操作してもタブ移動はできません・・・
あくまでタップが原則となり携帯ライクにキー操作できません。
これが使い難いと言われる原因の1発目じゃないかと思いますw
特にes系では折角携帯スタイルの端末なのに
わざわざスタイラスは出したくないですもんね。

ではどうするかというと目的の連絡先の名前を直接入力します。
全部入れる必要はないのですが頭2文字も入れると
おおよそ目的の連絡先が表示されます。
どうも標準の連絡先では目的の連絡先を検索するにあたり
文字検索を推奨してるようです。

ためしにテンキーで「た」を押すと・・・
「た」が含まれる連絡先が表示されました。
さらに「たけ」と続けるとさらに絞り込まれました。
なるほどこれはこれで素早い検索が可能かもしれません。
contants03.png

ただ「よし選択だ!!」ってすぐに移動しようと
するとATOKの推測変換が・・・
contants04.png

仕方ないので文字列を確定させます
ってAd[es]ではさらにご丁寧に(閉じる)が出ちゃいますので
(閉じる)を選択。
contants05.png

検索まではいいのですが確定するまでに少しアクション多いですねw
この辺が使い難い原因の2発目でしょうか?w

ここの対策としてはChgSuisokuを導入するか
推測変換は最初からOFFにしとくことで
(閉じる)の1ステップが減らせます。(Ad[es]の場合)

あと少し話がズレますが検索した連絡先を
選択しようとすぐに下キーを押したときに
[1Aあかさたなはまやらわ]のタブ切り替えの窓がでるときがあります
↓こんなやつです。
contants06.png

下方向や上方向にキーを押しっぱなしにしてると出てくるのですが
ただこの窓、今一つ出したいときに出てくれない・・・
どうせならソフトキーを押す等の操作で
この窓が出てほしいとこです。しかもすぐに消えてくれないし・・・
この辺が使い難い原因の3発目でしょうか?w

とりあえずテンキーで検索文字を確定したら
1テンポ置くことでポップアップが出にくくなります
とりあえずそれで対応しましょうw
これで目的の連絡先にたどり着けました。


さて、この連絡先の検索ですがここまでの説明は
連絡先を名前で表示したやり方です。
実はこれを勤務先別に並び替えると
従来の携帯の電話帳っぽいスタイルで使えます。

表示方法を名前から勤務先に変えてみます。(勤務先が入力してないとダメですけど)
勤務先別に並び変わります。
???株式会社(10)のように勤務先別にタブに出来るので
これを利用して友人とか家族なども勤務先として入力してしまうと
↓こんな感じでわかり易いです。
contants08.png

この場合検索文字は勤務先が対象になります。
利用状況によって切り替えすると使いやすいと思います。

ただ電話やメールアプリから宛先を選ぶ場合は
名前表記のみになってしまうので注意です。


さて目当ての連絡先に辿りついたところで
実際に電話及びメールをしてみます。
ここまでくると後はわりと簡単です。

選択した連絡先で左右のキーを押すと
メールや電話等表示が切り替わりますので
電話の場合は番号を選らんで「通話キー」を押します。
すると番号が表示されるので普通に電話する場合は
アクションキーまたはソフトキー1を押します。
184等を付ける場合はソフトキー2のメニューから選択して
184発信等を選択しましょう。

今度はダイヤル確認の窓がでます。
「はい」を選択すれば電話ができます。
contants11.png

最後のダイヤル確認は正直くどい感じがしますが
この辺は他のアプリでも同じなのであきらめましょうw
※無印esの場合はDenwaSilentの導入でこの[はい]、[いいえ]を省略できます。
また他の機種でもNoConfirmDialの導入でこの選択を
自動選択させることもできます。任意で導入ください。
これで電話することができました。

さて次はメールの場合です。
選択した連絡先から左右のキーでメールアドレスを選択します。
そこでエンターキーを押すと確認画面へ。
そこでさらにエンターキーを押すとW-ZERO3メールが起動しました。
contants14.png
メールのほうは割りと普通ですねw

これで電話もメールもすることが出来ました。
めでたしめでたし

と思ったら今度は連絡先が起動したままですw
自動で閉じてはくれないんですね・・・

自分的には電話、メールしたら連絡先は閉じてほしいところです。
ですがそういったオプションもないようです・・・

でもあきらめません!!

こーゆーときはMortScriptです!!(最近頼り過ぎw)

というわけで連絡先を起動して電話もしくはメールが
起動したら連絡先を閉じてあげるコードを書いてみました。

以下スクリプトです。


Run("\Windows\poutlook.exe","contacts")

WaitForActive("連絡先",3)

While( WndExists( "連絡先" ) )

If ( WndActive("電話") or WndActive("W-ZERO3メール") )
Close("連絡先")
EndIf

sleep(1000)

EndWhile


と、そんな感じで現在は標準の連絡先を
利用していますが割と不満なく使えています。

恐らくは連絡先を検索する方法そのものが
普通の携帯電話との一番大きな違いですので、
一般の電話帳っぽく使う場合は勤務先による分類検索を使うといいと思います。
個人的には文字検索はピンポイントで相手を見つけられるので
慣れてくるとタブ検索や分類検索より早いかもしれません。

従来的な検索方法にこだわらずに文字検索も有効に使えば
標準の連絡先も結構使い易いものなのかもしれませんね。

バッテリーアイコンの変な吹き出し

昨日公開になったAd[es]のファームアップ(2.00a)ですが
とりあえず当ててみました。

賛否両論あるようですが自分的には全体的に好印象です。
無音カメラが対策されていたりと困ったところもありましたが
気持ち程度ですが処理速度が向上してるように思いますし
W-ZERO3メールでのHTML対応は嬉しいですね。

デコラティブメールや絵文字の対応も
絵文字等をほとんど使わない自分にはあまり恩恵はありませんが
この手の機能はあるべきだと思いますのでいい対応だと思います。
クイックメモもホームメニューも悪くないと思います。

そして今回自分が一番嬉しかったのは


バッテリーアイコンの変な吹き出しが出なくなったことw


アクティブシンクした後とかにバッテリーアイコンのところに
ポコって出てくるあの吹き出し。
タップしてもバッテリーアイコンしかないという
まるで嫌がらせのような初代03の頃からある例のやつですw
あれが出なくなったことはちょっとというかかなり嬉しいですw

こんなことを喜んでるのは少数派でしょうけど
常駐アプリを少なくしようと環境を再構築してる
自分にはなんとなく嬉しいのですw

とそんな感じでファームアップ後のAd[es]も元気でやってますw

スヌーズ対応目覚まし時計 myalarm.mscr (Mortscript)

いつも自作のスクリプトを紹介させていただいていますが
今回はアプリ紹介としてmyalarmというMortScriptをご紹介させていただきます。

このスクリプトはメディアプレーヤーを利用した目覚まし時計なのですが
スヌーズを備え、複数のアラームを設定できる優れものです。
しかもUIが非常にしっかりしていて設定がわかりやすく
すっかり愛用させていただいています。作者様感謝です。

スリープタイマーまで付いてますので就寝前にセットして
好きな音楽を聞きならが眠ることもできます。
フェイドアウトもできますので至れり尽くせりといった感じで
なんの不満もないすばらしいスクリプトです。

ダウンロードはこちらから↓
http://www.myopen.jp/blog/2008/02/myalarmmscr.html
http://wp.myopensrc.com/tag/myalarmmscr/
↑リンク切れになってました。現在はこちらです
※ここで掲載してる写真はVer1.2の頃のものです

使い方
付属の説明書をよく読んでいただくことをお勧めしますが
とりあえずさわり程度に書いておきます。

ダウンロードしたファイルを解凍して任意の場所に置きます。
自分はMy Docmentsに入れました。

あとは setmyalarm.mscr を起動して設定してあげればOKです。
時間通りにメディアプレーヤーが起動します。

まずは「*追加*」を選択してアラームを作成します。
myalarm1.png

時間やアラームに設定する音楽ファイル、
スヌーズ利用の回数や各種設定をして「開始」を押すと
システムスケジュール(Notifications)に登録されます。
myalarm2.png

指定した時間がくるとメディアプレーヤーが起動して
指定した曲が再生されます。
myalarm3.png

アラームソフトは他にもいくつかあるのですが
目覚ましに利用するという性格上鳴らなかったりっていうのが
一番困るとこなのですが、このmyalarmでは
今のとこそんなことは一度もありませんし
複数登録できるのが便利すぎて嬉しい悲鳴ですねw
作者様には本当に感謝です。

自分もこの位すごいスクリプトを組みたいなーなんて思ってしまいました。
アラームソフトをお探しの方がいましたら
このスクリプトは是非一度お試しする価値があります。
お勧めのアラームスクリプトです。

X PLATE(WX130S)

先日、家電屋さんに寄ったときに X PLATE(WX130S)のモックがあったので
少し弄ってみたんですが、これちょっといいですねw
写真で見たときはそんでもなかったんですが
やっぱ実物は違うなーと(モックですけどw)

X Plate

このコンパクトさとデザインの良さは往年のTTを彷彿させます。
W-SIM対応だったらうかっり買ってしまいそうでしたが
残念ながらW-SIM対応ではないので見送りしましたw

内容的には電話とメールだけっていう非常にシンプルな内容で
1×パケだったりとちょっと弱めなスペックなのですが
なかなか格好良くてやっぱデザインて重要だなーと
変に関心してしまいました。

ウィルコムの端末デザインって特に尖ったところのない
万人向けなデザインが多いので X PLATE(WX130S)は
ちょっと新鮮に感じました。

そういえばAd[es]に新色が加わるんですね
ピーチブロッサムと何やらおにゃの子向けみたいですけど
なかなかいい色だと思います。
ファームアップもされるそうでランチャーアプリ等も
追加になるそうです。

そして現行ユーザーもファームアップやランチャー等の追加アプリも
使用できるそうです。ありがたや
公開予定日は2008年3月19日(水)だそうなので
期待して待ちたいと思います。

Task Manager application

今回はちょっと特殊なアプリのご紹介です。
TaskManagerなんですが一般的なタスクの切り替え、終了と違い
起動プロセスやサービス、CPU使用率等の各種システムステータスを
確認したりできるソフトです。
WinPCのタスクバーから起動させるタスクマネージャに近いです。

きっかけはMortScriptでRunATやRunOnPowerOn関数を使って
いろいろ遊ぼうと思ったときにシステムスケジュール(Notification)に
登録されたものを確認したいなーと思って色々ぐぐってたら見つけたっていうだけで
そんな経緯もあって実は自分でもNotificationを確認するくらいしか使ってないですw
なので自分も詳細な説明を求められると困ってしまいます。。。
こんなツールもあるんだなー程度に受け止めて下さいw
gdgdな記事ですいませんw

ダウンロードはこちら↓ (H20.03.10現在の最新版はVer2.9みたいです)
http://www.dotfred.net/TaskMgr.htm

起動させると現在起動中のプロセス一覧が表示されます。
tma1.png

右の三角ところをタップするとメニューが出るので
そこから確認したい項目を選択。
tma2.png

Notificationを覗くと自分がテストで作ったMortScriptが登録されてます。
tma3.png

RunATのATってAfterTimeの略なんですねー
「あとで実行」ってところでしょうか(いい加減な訳w)
こういったことがわかってくると面白いですねw

またWindowsタブを覗くと
Window 7C4EB2E0 "バッテリー残量表示" NotificationIconClass (0,0,0,0)
なんてのがあります。
tma4.png

ホールドメニューで出てくるActionから試しにCloseしてみたら
バッテリーアイコンが消えました。
tma6.png
※この手の行為は危険ですのでバックアップを取った上で自己責任で

バッテリーアイコンってわりと邪魔なので消したいなーと思っていたので
これでOKなのかなって思いましたが再起動したら復活しましたw
これを起動時にCloseすることができれば邪魔なバッテリーアイコンを
消せそうな気もしますがさしあたり困ってないので放置w
その他多数起動オプションが用意されています。
詳しくはダウンロードページに書いてありますので(英語ですが・・・)
起動時のタブ選択やKillプロセス等できるみたいです。

と自分が試したのはこの程度であんまり紹介になっていませんが
システムのコアな部分を覗いてみたい人にはいいかもしれませんw

Ad[es]の全てを知りたいっていう人にはお勧めですw
自分的には興味深深なのでちょこちょこ利用してみたいと思います。

キーロックスイッチ

Ad[es]にはキーロックスイッチが付いてます。
スライドスイッチになっていてスライドするだけで簡単にロックできます。

無印esにも付いていて非常に重宝するこのスイッチですが
Ad[es]のキーロックスイッチはなんていうかすごく固い。。。

最初の頃は新品だし使っているうちにだんだん馴染んでくるかなと
思っていたんですが未だに固い。

強靭な固さを7ヶ月以上キーピング!!

すごい!!

てか迷惑w

無印esのキーロックスイッチが使いやすかっただけに
軽い力でスっ操作できないのがだんだんストレスに・・・
ていうか固体差とかあるんでしょうか?
うーんうーん

というわけで散々我慢して使ってきたキーロックスイッチに別れを告げ
無印時代に活躍していただいたPowWowをAd[es]にインスコしてみました。

PowWowをご存知でない方のために簡単に説明すると
キーロックスイッチのない003/004用にキー操作で
ロックできるようにしたアプリです。
ロック中にキーを押すと時計を表示してくれたりと
時計代わりにも使える非常に便利なアプリです。

一応003/004用のアプリですので詳しい説明はあえて省きますが
自分がAd[es]で使う場合は起動オプションで
-dl(ディスプレイオフ&ロック)
を指定して画面回転キーに割り当てて使っています。

ロックの解除はソフトキー1,2を順番に押すのですが(どちらからでもOK)
通話、終話キーをHookKeyHook&MortScriptで
ソフトキーに仕立ててた事もあって使い勝手もよく非常に満足です。
時計もかっこいいですし

うーんもっと早くにやるべきだった・・・w

とそんな感じでキーロックスイッチのストレスからは開放されましたが
次期es系を出すときはもう少し使い易いスイッチにしてくださいシャープさんw

インテルAtom搭載モバイルコミュニケーションマシン

昨日WILLCOM公式ページでアナウンスされた新しいモバイル端末。
詳細なところはまだまだわかりませんが
以下の3点が強調されていました。

・インテルが次世代モバイル機器向けに開発を進めている
最新CPU「インテル® Atom™ プロセッサー」を搭載し、
高い処理性能と低消費電力の両立を実現

・マイクロソフトの最新オペレーティングシステム(OS)
Microsoft® Windows Vista® を採用し、
幅広いアプリケーションとの連携やネットワークサービスの利用が可能

・シャープの高精細ワイド液晶を搭載し、
モバイル端末でありながらWindows Vista® がフルに楽しめる


この発表内容を見るかぎりでは通信機能を搭載したモバイル端末で
OSはVISTAであるということになります。
通話機能は内蔵されないとの噂ですが、その通りであれば
通信機能内蔵型のモバイルPC。UMPCということになると思います。

ですがすでに小型のPCはいくつか存在しているわけですから
その中でこの端末が個性を発揮するとなると
それは大きさなんだろうなと思います。

大きければ普通のモバイルPCと大差なく存在意義はないでしょうから
ものすごく小型なものを打ち出してくると思います。

ただスマートフォンではないようですので、どんな市場を狙っているのでしょう?
なんとなく予想ですが
WILLCOMユーザーはダブルホルダーの方も多いですから
別キャリアのユーザーをスマートフォンではなく
UMPCで取り込もうというのが狙いなのかなと思いました。

スマートフォンはどちらかといえばかなりマニアックな部類に入るので
VISTAが動作する端末であればほとんどの人は違和感なく使用できるでしょうし
それが通信機能を内蔵してるとなれば他キャリアで出している
通信カードへの牽制にもなります。(AIR-EDGEが・・・w)
おまけにそれが超小型であれば持ち運びも楽ですし
モバイルPC好きな人は当然取り込めると予想していると思います。
セカンド端末は電話でなくてもOKといったところでしょうか?
うーん、でもそのマーケットってどこまで需要があるのかな?
なーんて余計なことを考えてしまいますねw

発表は4月下旬とのことなのでまだ大分ありますし
現物を見てみないことにはなんともいえませんが
ここはとりあえずwktkしつつ待ちたいと思います。
プロフィール

みぎろー

HYBRID W-ZERO3
管理人:みぎろー
モバイルな機器を日々愛しんでおります
さしたる記事もございませんが
お付き合いください。

すまーつ工房展示場はこちら

ご用の際はこちら

広告
ウィルコムストア

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
全記事一覧表示

全ての記事を一覧表示する

FC2カウンター

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。