スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DeviceUtility for W-ZERO3 (MortScript)

自分用にちょっとしたユーティリティーを書いてみました。
一般的なものからレジストリ変更によるデバイス設定まで
自分的に必要なものをピックアップして搭載しています。
レジストリを弄りますのでバックアップを取っておくことを推奨します。
W-ZERO3シリーズでお使いください。
他の機種では一部機能が動作しません。
(というか怖いので他機種では使用しないで下さいw)
一応W-ZERO3シリーズ全機種で使えるようにしたので名前を
DeviceUtility for W-ZERO3 としました。

※機能追加、変更に伴い記事を修正しています(H20.3.26)

ダウンロードはこちらから

使い方
ダウンロ-ドできましたらZIPファイルになっていますので
解凍してできたものをフォルダごと任意の場所に放り込んでください。
※フォルダが作成されない場合は別途フォルダを作成して
その中に入れてお使い下さい。
あとはフォルダ内のDeviceUtility.mscrをタップすれば起動します。
初回起動時に setting.ini がスクリプトと同じ場所に作成されます。


起動すると各種ステータスを取得して初期画面が表示されます。
DevUtil2-1.png

[ ローカルストレージ空き容量 : ??MB ]
本体ストレージの空き容量を表示します。
[ ????SDカード空き容量 : ??MB ]
microSDもしくはminiSDの空き容量を表示します。
※本体や外部ストレージの空き容量は最大で2GBまでしか取得できませんので
それ以上の容量がある場合は正しく表示されません。
[ プログラム実行メモリ空き容量 : ??MB ]
プログラム実行用メモリの空き容量を表示します。

あとはお好みの機能を実行するだけです

無線LAN接続/切断
無線LANの接続切断を切り替えます。
初期設定では標準の設定画面を表示します。
無線LANの接続アプリを指定することもできます。
※無印esではこの項目は表示されません

回線接続/切断
回線接続/切断アプリを指定することで使用できます。
初期設定では未設定なので選択すると
アプリ選択のダイアログが開きます。

輝度調整
輝度調整です。
バッテリー使用時はバッテリー輝度調整
AC接続時はAC輝度調整になります。

システム音量調整
システム音量調整の標準の設定画面を開くだけです。
※Ad[es]専用になります。

サスペンド
サスペンドします。

再起動
ソフトリセットをします。

画面オフ
液晶をオフにします。

画面回転
画面回転をトグルします。


システム設定
各種設定ができます。
DevUtil2-2.png

設定できる項目は以下の通りです。

ソフトキー1(右)の設定
ソフトキー2(左)の設定

TODAY画面のソフトキーから起動するアプリの設定をします。
表示名も変更できます。(仕様上ちょっと入力しづらいです)

フォントキャッシュ設定
フォントキャッシュの設定です。
8MB~16Kで選択するようになっています。
大きい値を設定すればより高い効果を得られますが
大きくても4MBくらいにしといたほうがいいのかもしれませんw

クリアタイプメニュー
画面の設定にクリアタイプのONOFFを切り替えるメニューの
表示、非表示を設定できます。

スクロールバーの幅の調整(縦)
スクロールバーの幅の調整(横)

縦横それぞれのスクロールバーの幅を設定できます。
4~50で指定できます。

バッテリー残量警告(19%時)
バッテリー残量が19%になると表示される残量警告メッセージの
通知、停止を設定できます。

メール受信中メッセージ

メール受信中のポップアップメッセージの通知、無効を設定できます。

ウィンドウアニメーション
ウィンドウを開いたり閉じたりするときの
アニメーションの有効、無効を設定できます。

メニューアニメーション
メニューを開くときのアニメーションの有効、無効を設定できます。

タスクバー日付表示

タスクバーに
・日付を表示しない
・日付のみを表示
・時刻と日付を表示
の上記3種から選択できます。

日付レイアウトの変更

タスクバーやファイラー等に表示される短い形式の日付レイアウトを選択します。
自分でレイアウトすることもできます。

ホームメニューの設定
Ad[es]ファームウェア2.00から導入された
ホームメニューで起動するアプリを設定できます。
元に戻すときは「設定」→「個人用」→「Today」→「ホームメニュー選択」から
今現在選択されているものと別のものを選択してください。
例:現状が Standard だったら Roller へ
そうすることで選択したアプリが無効化されます。
※Ad[es]専用になります。


その他の設定
DevUtil2-3.png

設定できる項目は以下の通りです。

電話着信音

標準の電話着信音を設定します。
mp3が指定できるようになっています。
他にはwav、midi、wmaが指定できます。
※無印esでは必要ありませんねw

メールにsent from W-ZERO3

初期状態だとW-ZERO3メールでメール送信すると語尾に
「sent from W-ZERO3」と文字が付きます
それをなくすものです。
レジストリで弄ってもよかったのですが
トグルするexeがあるのでそれを呼ぶようにしてあります。
※003,004では設定できません

オーディオ出力を44kHz化
オーディオ出力を44kHz化します。ってそのままですねw
これも上記の項目同様にexeが用意されてるので
それを呼ぶ形にしてあります。
※Ad[es]専用になります。


DeviceUtilityの設定
DeviceUtility自身の設定を行います。
DevUtil2-4.png

無線LAN接続/切断
回線接続/切断
輝度調整
システム音量調整
サスペンド
再起動
画面オフ
画面回転
システム設定
その他の設定
上記の項目のうち初期画面に表示したくないものは
選択することで表示が[**]となり初期画面に表示されなくなります。

無線LAN接続の設定
標準の設定画面を使用するか
個別のアプリを使うか設定できます。

回線接続アプリの設定
回線接続アプリを指定します。
起動オプションも指定できますので
例えばWKTaskを使用する場合は /o を起動オプションに入力して下さい。


動作テストはAd[es]を中心に003、007でもテストしていますが
いずれもフォーマット後のまっさらな状態でテストしています。
バグ情報などありましたらご連絡いただけると嬉しいです。
基本的にはAd[es]での使用を想定しています。

また他のレジストリ設定アプリを導入されている場合
競合するような箇所があるかもしれません。
レジストリを弄る項目が多いのでくれぐれも自己責任のうえお使い下さい。


最後に
MortScriptでちょっと本格的なものを作りたいなーと作成したものですが
コード的には非常に素人くさいものになっておりますw
勢いでガチャガチャ作っていったので非常に大きいものになってしまいましたw
同じような処理をあちこちでやってますw
お恥ずかしいw
あとシステム音量調整はスクリプトでうまいこと作りたかったのですが
どうも自分の思い通りにならなかったので
標準の設定画面を開くだけという手抜きぶりですw
しかもAd[es]のみですしw

今回のスクリプトで搭載している機能のほとんどはタスクマネージャや
レジストリ設定アプリに搭載されています。
本来そちらを使ったほうがはるかに便利ですw
かなり自分用な側面で作成していますがもし宜しければお使い下さい。
ただ何度も言いますがレジストリを弄りますのでくれぐれも自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

イー・モバイルの音声端末

発表されましたね。
基本料0???
リーズナブルでなかなか魅力的な料金プランを打ち出してます。
(ちょっと特殊ですが)

そして自分が一番気になるのは端末なのですが
2機種のみでHTCのWM端末と東芝の折りたたみ式の携帯端末でした。
無難なラインではありますが、ちょっと寂しくも感じますね。

今回のラインナップでは「ほしい!!」と感じるまでには至らないので
とりあえずスルーですが料金だけに着目してみると
なかなかお得な感じです。

今回の発表で現在使用中のウィルコム定額プランは
若干割高に感じる料金プランとなってしまいました。

これに対抗する形でウィルコムが料金値下げに踏み切るとは
思えないですけどウィルコムにもなにかこれだ!っていう1発がほしいですね。
個人的には頑張ってほしいところです。
そういえばWM6.1を搭載した端末が出るっていう噂は
どーなってるんでしょう?
気になります~

Lyrics Viewer For Lyrics Browser (MortScript)

前回ご紹介させていただいた Lyrics Browser ですが
読み込んだ歌詞をテキストデータによる自動保存機能があります。
これが非常に便利で Lyrics Browser がすっかり手放せなくなっていますw
作者様本当にすばらしいソフトをありがとうございます。

で、その自動保存されたテキストデータなのですが
閲覧する場合は別途テキストエディタ等で開けばいいのですが
この辺の機能をMortScriptで作ればより幸せになれそうだなーと
いうことで作成してみました。

ダウンロードはこちらから

使い方
まずこのスクリプトはLyrics Browserの設定で
保存フォルダ名を 「アーティスト」
保存ファイル名を 「曲名」
とデフォルトの状態での使用を想定しています。
※変更してても問題はないのですが保存フォルダ名の設定で
保存フォルダを作らない」にしている場合は
このスクリプトは正しく動作しません。
LViewer1.png
↑Lyrics Browserの設定画面です。

初期設定
ダウンロードしたスクリプトをテキストエディタで開いて2行目の
dir_path = "\Program Files\Lyrics Browser"
という部分を歌詞データがあるフォルダに変更してください。

あとはスクリプトを起動させれば
アーティスト(もしくは作詞者、作曲者)が一覧で表示されます。
LViewer2.png
↑アーティスト名が一覧表示されます。

選択すると今度は曲名(もしくはアーティスト-曲名等の設定した内容)で
一覧表示されます。

LViewer3.png
↑曲名が一覧表示されます。

そこから見たいものを選択すれば歌詞が表示される仕組みです。

LViewer4.png
↑歌詞を表示。

基本的に処理をループさせる形で作ってあります。
歌詞表示を終えると選択したアーティストの曲一覧に戻ります。
終了させる場合は「----- 戻る -----」を選択するかソフトキー2を押して
アーティスト選択画面に戻り、
「----- 終了 -----」を選択、またはソフトキー2で終了します。

MortScriptの機能で実装していますので専用のアプリほどの
快適性はありませんがテキストエディタで「ファイルを開く」を
繰り返すよりは見やすいんじゃないかと思います。

実はこんなスクリプトを書きつつもLyrics Browser本体に
この機能が実装されることを願っていたりしますw



追記 (H20.2.24)

アーティスト及び曲選択画面で49件までしか表示されない問題がありました。
MortScriptの仕様(?)のようでデータを代入した変数は
正しく生きていたのですがどうも49件までしか表示されないようです。
ですので49件以上あった場合は「----- 次へ -----」を選ぶことで
次ページへと移るようにしました。
ご迷惑をおかけしました。

その仕様変更により選択画面に

( 現在のページ/全ページ数 - 全件数 )

上記のような表記を追加しました。
( 1/2 - 55 ) となっていた場合は
2ページあるうちの1ページ目を表示していて
全件数は55件ですよといった感じです。

ただこのスクリプト、近い将来に引退になると思います。
というのも現在Lyrics Browserの作者であるごっしー氏が
なんと本体のほうにこの機能を実装してくださるそうです!!
うれしすぎる!!
本体に装備されたほうが断然使いやすいですし
バージョンアップが待ちどうしいですw


<最後に>
作者のごっしー様ならびにコメントをお寄せいただいた方
またこのスクリプトをご利用していただいている方
本当にありがとうございました。

Lyrics Browser

2chのW-ZERO3ソフト関連スレからまたもすばらしいソフトが登場しました。
Lyrics Browserというブラウザなのですが
何をブラウズするかというとLyrics(歌詞)です(ってそのまんまw)

ネット上のWEBサービスにうたまっぷという歌詞検索サービスがあるのですが
そこからの引用で歌詞を検索、表示してくれるソフトです。

自分は音楽を聞くときCDから歌詞カードをひっぱりだすのが面倒で
よくこの手のサービスを利用してたのですが
ただAd[es]で使うとやはりPC用のWEBページですので重かったりで
使っていなかったのですがこの Lyrics Browser ものすごく軽快に動作します。

ダウンロードはこちら
(H20.2.16現在の最新版は up1008.zip です)
W-ZERO3.org Uploader

インストール方法はzipを解凍して任意の場所に保存。
Lyrics Browser.exeをタップすると起動します。
任意のランチャーに登録したり
ショートカットをWindows\スタートメニュー\プログラムに
入れておくと便利です。

以下キャプチャを交えて使用方法を簡単に

LB1.png
検索方法を指定
アーティスト(カナ)を指定してやってみました

LB2.png
検索結果が表示されます。

LB3.png
歌詞が表示されます。

表示された歌詞は自動保存されてデフォルトだと
exe本体があるフォルダにアーティスト名のフォルダが生成され
その中にテキストデータとして保存されます。

個人的にはこの自動保存されたデータも
そのまま Lyrics Browser で見れる機能があると嬉しいです。

以上簡単な説明ではありましたが、非常に軽快に動作するこのソフト
うたまっぷを普段からご利用になっている方には
すごくお勧めできるソフトです。

公開されてから間もないですが、すっかり愛用させていただいてます。
作者様に感謝いたします。

ドライブモードであれこれ

車の運転中は道路交通法で携帯電話の使用が禁止されています。
具体的には下記のような行為を指すらしいんですが

無線通話装置を手で保持して通話のために使用すること

なるほどといった感じですね。
よってほとんどの携帯電話ではドライブモードというものが用意されています。
Ad[es]にもきっちり用意されてます。

ではドライブモードとはどういったものなんでしょう
って大分いまさら感のある説明ではありますがw
マナーモードとほぼ同様なのですが、着信音、バイブともに動作せずに
「ただいま運転中のため・・・」といった旨のメッセージが流れ
通話が切れる(もしくは伝言メモ)といったものが多いみたいです。

要は電話に出させなくするという方向ですね。
言い方を変えると電話が着信しても気付かないようにさせるのが
ドライブモードの目的のようです。

1分1秒を争うような緊急の電話なんてそんなにないですし、
よほどの長距離ドライブでもないかぎり携帯はたまに確認するので
ドライブモードの方向性はそれはそれでいいと思うのですが
ここからが本題。困ったことが1点あります。

自分はAd[es]をミュージックプレーヤーとしても使っているのですが
車に乗るときもAd[es]をカーオーディオにしちゃってます。
ですがドライブモードにすると音がまったく出なくなりますw
これはなかなか曲者です。
マナーモードみたいにシステム音をONにできないんでしょうか?
レジストリを調べてみたんですがわかりませんでしたw

せっかく万能なスマートフォンです。
ドライブモードで音がでないからとミュージックプレーヤーを
あきためたくはありません。
というわけでマナーモードを使うことにwww

オリジナルモードにして
下記のように設定してみました。

MnrMode.png
伝言メモはONにしたかったのですが
着信があった場合スピーカーに
「ただいま電話にでることができません・・・」
と思いっきり聞こえてくるので
うーんちょっと嫌だなーと思ったのでとりあえずOFFにしました。

さてとりあえずここまではオッケーです。
さて次ぎはちょっとMortScriptで簡単なスクリプトを組んでみました。

マナーモードを手動で切り替えてるとついつい元に戻すのを忘れてしまいます。
ですが自分の場合マナーモードにするときというのは
ミュージックプレーヤーとして使用しているときが多いので
ミュージックプレーヤーの起動時にマナーモードをONにして
終了時にOFFにしてあげるようなスクリプトを組めば幸せになれそうw

というわけで早速作成。
マナーモードはレジストリで直接書き換えれるようなので
調べてみたところ下記の2点がマナーモードに関係してるようです。

"HKCU","Software\Sharp\PhoneStatus","status3"0:OFF 1:ON
↑Today画面にマナーモードを知らせるアイコンのON,OFF
※これはアイコンを表示するだけで実際にはマナーモードになりません。

"HKCU","Software\Sharp\ShPhoneLib","MnrMode"
0:OFF 1:ON
↑実際のマナーモードのON,OFF
マナーモードを示すアイコンは表示されませんが
こっちのフラグが立ってないと実際の動作はマナーモードになりません。

後者のレジストリを書き換えることで動作が確認できたので
こちらで組んでみました。

かなり自分専用なスクリプトで配布するほど立派なものでもないので
ここに書いておきますw
使ってみようという奇特な方はコピペでどうぞw
プレイヤーはGSPlayerKを対象に作ってます。



※ちょっと恥ずかしいコードだったので少し直しましたw(H20.3.11)

# ミュージックプレーヤーのパスの指定
apppath="\Program Files\GSPlayerK\GSPlayerK2.exe"

# マナーモードレジストリ取得
mnr=RegRead("HKCU","Software\Sharp\ShPhoneLib","MnrMode")

# 通常モードだったらマナーモードへ
If (mnr=0)
RegWriteDWord("HKCU","Software\Sharp\ShPhoneLib","MnrMode",1)
EndIf

# ミュージックプレーヤーの起動&終了まで待機
RunWait(apppath)

# レジストリを元の値に戻す
RegWriteDWord("HKCU","Software\Sharp\ShPhoneLib","MnrMode",mnr)

Exit


とまぁそんなこんなで運転中も快適(?)なAd[es]ライフを楽しんでますw
かなり細かいことですが次期W-ZERO3ではドライブモードでも
システム音がON,OFFできるようにしてほしいです。
ついでに伝言メッセージはスピーカー出力する、しないも
設定できると嬉しいですw

ていうかもっといい方法ないのかな~

ポケットシンクAdvanced/W-ZERO3[es]

最近お世話になりっぱなしのpocketgamesさんで
今度はポケットシンクAdvanced/W-ZERO3[es]を買ってみました。

Ad[es]用の巻き取り式充電ケーブルはもうひとつ持ってるんですが
1050円というお手頃価格についつい買ってしまいましたw
すでに持っているものは会社用として職場にもってきましたw

さてこのポケットシンクAdvanced/W-ZERO3[es]ですが
外観は他社のものとそんなに大差はありませんが
充電端子のところがL字型になっているのと
カチってしっかりはまるところがお気に入りです。

いままで使っていたものはなんかぐらぐらしてたので
これは嬉しい誤算でした。

よく使うものなので複数持っていても困りませんし
1050円は正直安いと思います。お勧め商品ですね。

お遊びで撮ってみましたw
psync.jpg
※注意 製品にガンダムは付属しませんw

スマートフォンやメディアプレーヤーの最終到達地点

iPod等に代表される携帯型のメディアプレーヤー。
最近の物は動画機能も備わっていてワンセグ視聴ができるものや
無線LANを持ちWEBブラウズすらできるものまで幅広く存在します。

ふと思ったのがそれに加えて電話機能があると
ほとんどスマートフォンだなぁ~ということw
実際iPhoneがそうなのですが

つまり携帯型のメディアプレーヤーというのは多機能化していくと
最終的にはiPhoneのようなものになるのではないでしょうか
つまりはスマートフォンにも酷似したデバイスになると思います。

ではスマートフォンはというとメディアプレーヤーとしても
当然利用できますし、電話も出来る。
ではスマートフォンは最強のデジタルデバイスかというと
全然そんな事はありませんw
(ここではWindowsMobile端末を指します)

たしかにほとんどの機能は実現できているものの
UI等はまだまだ洗練されているとはいえません。
そして個人の方の作成したソフトに非常にお世話になることが多いです。
(MSのソフトは使い辛いですし洗練されてませんよねw)
おまけにOS自体の安定性も乏しいものがあります。
そして一番のネックは意外に知識を要求されるとこ。。。

なんの予備知識も持たない人が手軽に全ての機能を
使いこなせるものではなかったりします。

現状で考えるとメディアプレーヤーのほうは専用品だけに
UIは直感的にわかり易く作られています。
それに比べるとやはりWindowsMobileはまだ少し敷居が高いですね。

ですがこの2つのデジタルデバイスの今後を考えると
メディアプレーヤーはこれからどんどん多機能化が進むと思いますし
W-ZERO3等のWindowsMobileデバイスはより安定した動作、使い易さの向上
UIの洗練等といった面に注力されていくんじゃないかなと思います。

ってことはスマートフォンやメディアプレーヤーの最終到達地点って
実は同じこところなのかもしれませんねw

自分がスマートフォンというかW-ZERO3を使う一番の理由は
これ1台で全てがまかなえるという点ですので
最終目的地が同じならメディアプレーヤーのメーカーと
協力して出せばすんごいものが出来そうな気がしますw

gigabeatにW-SIMスロット付けてgigabeatPhoneとかw

なーんてまぁ実際にはそんな簡単なものじゃないんでしょうけど
ついつい妄想をつらつらと書いてしまいましたwww

今回はメディアプレーヤーとしての視点でいろいろ書いてみましたが
とりあえずはiPhoneの国内販売を横目でチラ見しつつ
新しいW-ZERO3シリーズを待ちたいと思いますwww

CPUMonitorMini

CPUMonitorMini.png

Ad[es]に限らずですがPCにしろなんにしろ作業中の
CPU使用率というのはちょっぴり気になるところです。

2chのW-ZERO3ソフト関連スレで見かけて先日から
愛用しているのですが、なかなかいい感じなのでご紹介します。

↓ダウンロードはこちらから(H20.2.7現在の最新はVer.0.10です)
http://homepage1.nifty.com/salt/CPUMonitorMini.htm

使用方法
ダウンロードしたファイルを解凍して
本体メモリの任意のフォルダに入れます。
あとはexeをタップすればOKです。
ショートカットを作ってスタートアップにいれておくと便利です。

まず画面をみてもらうとわかるのですが
棒グラフになっています。
CPUモニタはレベルメータータイプが多いのですが
CPUMonitorMiniは棒グラフになっているので履歴がわかります。
この辺はなかなか面白いです。

またiniファイルを編集することで履歴や
グラフの大きさ、表示位置、色等を任意に変えることができます。

自分はデフォルトより少し大きくして使っています。
処理をしまくるとメーターが真っ赤になって
CPU頑張ってるなとニヤニヤしながら利用させて頂いてますw
タスクバーにちょっとしたアクセントが付く感じも気に入っています。

大変有用なソフトを作成してくださったSalt様に感謝します。

友人のデスクトップPC

先日新しくデスクトップPC(VISTA HOME)を買った友人が
「メディアリーダーがほしい」&「外付けはかっこ悪いので内臓型がいい」
と言い、その上で「よくわからないからやってくれ」と一方的な要求を
言われましたw(CoCo壱のカレーをおごるからとw)
まぁ基本的にPCをいじるのは好きなのでやってあげることにしましたw

友人のPCを見てマザーにUSBが余っていることを確認
3.5インチベイが空いているのでそこに付けようと
早速3.5インチの内臓型メディアリーダーを購入。
あっさり付け終わり作業完了と思いきや

「なんかインターネットすると(IEを立ち上げると)」
「変なページがいっぱい出るんだよね」と漏らす友人。

見てみると思いっきりスパムかまされてますw
なんかした?と聞くとライムワイヤなどでいろいろ落としつつ
なにか警告でたけどわからないので許可しまくったとの事・・・
おいおい・・・

さてさてどうしようととりあえずスパム対策ソフトを入れてみました。
SpyBotです。検索するとなにやら21件ほど引っかかりました。
とりあえず検索にかかったエントリを削除。
スパム広告はでなくなりました。

やれやれこれで終わりかなと思ったら
IEやファイルエクスプローラがやたらと落ちます・・・
再起動がかかるのですがそのまま終了します。

なにこれ???

まだどこかに生き残ってるアドウェアが悪さしてるのかな??
いろいろからかってみましたが、これはわかりませんでした。。。
うーむ

ウイルスでも食ってるのかなーと思いましたが
アンチウイルスでは確認されません。

友人のPCはVISTAなのですがIEやファイルエクスプローラが
落ちる現象そのものは検索すると結構な数がひっかかります。

SP1待ちみたいな記事もありましたが
これと友人のPCの現象って同様のものなのかな??

自分もVISTAのPCを使っていますが
たしかにXPに比べるといろんなソフトが落ちやすい気はします。

まだ安定してないなーなんて思ってはいたのですが
友人のPCはやたらと落ちるのでさすがに
なにかトラブルの原因がありそうなのですが・・・

うーんOS再インスコするほうが早いかなー
なにか情報お持ちの方いましたら教えてください。

まいったまいった
プロフィール

みぎろー

HYBRID W-ZERO3
管理人:みぎろー
モバイルな機器を日々愛しんでおります
さしたる記事もございませんが
お付き合いください。

すまーつ工房展示場はこちら

ご用の際はこちら

広告
ウィルコムストア

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
全記事一覧表示

全ての記事を一覧表示する

FC2カウンター

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。