スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク インターネットマシン 922SH

ソフトバンクから春モデルが発表されました。
Xシリーズは含まれてないので普通ならスルーなんですが
↑ごめんなさいノキアとHTC見落としてましたw
今回はそのラインアップにひときわ異色を放つモデルが1台。

インターネットマシン 922SH です。

922sh.png

Xシリーズではなく普通の携帯電話なのですが
ブラウジングに重きを置いた設計のようで
QWERTYフルキーボードを搭載したWVGA液晶の携帯電話です。
なんと横に開きますw
なかなかそそられるものがありますw

↓ケータイWatchで写真がいっぱい見れます。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38165.html

発売はまだ少し先のようですが
興味所はひとつ。
ニコニコやyoutubeが苦もなく見れるのか?
まぁ最大ページ容量が1MBとなっているようですので
無理なんだろーなーとは思いつつレビューが待ち遠しいですw
スポンサーサイト

レジストリ

最近暇なときによくレジストリを眺めています。
というのも作りたいスクリプトがあるからなんですが
そんなわけでレジストリの小話を少しw

レジストリってご存知でしょうか?
OSや各種アプリの設定を保存しておくデータベースなんですが
ユーザーが直接編集することもできます。
Ad[es]等のWM端末でもTREなどで編集できますよね。

※アプリによっては独自にiniファイル(設定ファイル)を持っていて
レジストリをいじらないものもあります。

ただ統合データベースになっているのでシステム設定も登録されています。
下手にいじるとシステムが壊れるので編集するときは慎重に
行わなければなりません。
なにせレジストリ値はほとんどの場合公開されません。
ユーザーが自分で調べて自己責任で編集しています。
レジストリを編集するようなアプリでは「自己責任でお願いします」と
但し書きが付くのはこの辺が理由だと思います。

コアにPCなりWM端末をいじり始めるとレジストリは
結構重要な部分ですので興味の出てくるところです。

自分もまだ興味を持ち始めたくらいのところで四苦八苦してますがw
この辺がわかってくるともっと楽しくなるんだろーなーと思います。
好き勝手にいじれるのがスマートフォンの魅力ですもんねw

ポケットバッテリーその後

去年の12月にpocketgamesさんで購入したAd[es]用の
ポケットバッテリーですが本体及びポケットバッテリーカバーの
個体差により電源が切れてしまうといった問題がありました。

当時は自己流対策&付属のゴムシートで対応していたのですが
その改善品(ポケットバッテリーのカバー)が今月上旬に送られてきました。
当時、短いと指摘されていたカバーの爪の長さが延長されていました。
他にも改善点があるのかな?

取り替えた後はまったく問題なく使用できています。
非常に長時間使用できるようになるので愛用している関係上
とりあえず安心感です。

こういった製品は製作過程で個体差が生じてしまったりして
今回のような予想外のトラブルもあるみたいですね。
それでも即座に改善品を作成して対応してくださるあたり
ユーザーとしては嬉しい限りです。

pocketgamesさんの製品は他にも愛用させていただいているものが
多いのでこれからも色々製品を出してほしいです。

RFStatusBar

WindowsMobile端末の電源状態はタスクバーに表示されています。
電池のマークになっていて3段階でバッテリー残量を知ることが
できるようになっています。

RF-DEV1.png

ですが3段階表示なのでバッテリー残量がわかりくいということもあり
いろいろなソフトが出ています。

そんな中タスクバーの上部に細い線でバッテリー状態を表示してくれる
ソフトがいくつかあります。視覚的に非常にわかりやすいタイプですね。

自分が知っているだけでもVistaHideBatteryGaugeや
powerstatus(多数の派生バージョンが存在します)があります。
また単独ソフトではありませんがMagicButtonやWKTaskも同様の機能を
オプションとして備えています。

このタイプのソフトで個人的に真打ち登場的なソフトが公開されました。
RFStatusBarです。

他のソフトとの一番の違いは電界強度と通信状態を表示してくれる
ところです。

なぜこのソフトが気に入ったかというと
MagicButtonやWKTaskを使っているとタスクバーに起動中のアプリが
表示されます。ですがタスクバーには電界や通信状態などいろいろな
情報が常に表示されているので少し狭いんですね。
RFStatusBarは電界や通信状態をバッテリーやメモリと一緒に
表示してくれるのでよりタスクバーを広く使えます。
ここが一番気に入ったところです。


バーの見方は以下の通りです。
RF-DEV2.png

各ステータスは色及び長さで識別します。

  電界強度: 色で区別
       黒 … 圏外
       赤 … アンテナ 0, 1本
       橙 … アンテナ 2, 3本
       緑 … アンテナ 4, 5本

  通信状態: 色で区別
       黒 … 切断
       白 … 接続(PHS)
       緑 … 接続(ActiveSync)
       黄 … 接続(ActiveSync 同期)
       緑 … 接続(その他 LAN/MODEM など)


  バッテリ: 色と長さで区別
       緑 … 充電完了
       橙 … 充電中
       赤 … 9% 以下
       黄 … 19% 以下
       緑 … 100, 75, 49% 以下
       黒 … 不明
      長さはバッテリの残量(パーセント)

  メモリー: 色と長さで区別 (初期値は同じ橙色)
       橙 … 10% 以下
       橙 … 25% 以下
       橙 … 100 % 以下
      長さはプログラム実行用メモリの残量(パーセント)

ダウンロードはこちら
(H20.1.19現在の最新版は up0933.zip です)
http://w-zero3.org/uploader/

インストール方法
任意のフォルダに置いてexeをタップすると常駐します。
ショートカットを作ってスタートアップに置いておくとリセット後も
自動で常駐していい感じです。
起動中にもう一度実行すると終了します。

そしてそのRFStatusBarの派生バージョンとして
DevStatusBarというものがあります。
こちらはRFStatusBarの情報にさらに
CPU使用率、ストレージ、SDカードを加えたものです。
RFStatusBarと同様にW-ZERO3.org Uploaderで公開されています。

タスクバーをより広く使えるというのがこのソフトの一番の利点だと思います。
MagicButtonやWKTaskを利用されている方は導入されてみては
いかがでしょうか?幸せになれそうですw

このような便利なソフトを公開してくださった作者様に感謝いたします。

デスクトップPCを買いました。

AERO_ATX.jpg

ツクモ電気さんのeX.computer Aero Stream B30J-7450Eってやつです。
いままで使ってたデスクトップが今にも死にそうな状況で
ずっと買い替えを考えていたのですが、
さすがにやばくなってきたので買い換えました。
OSは悩んだ末VISTAにしちゃいましたwww

失敗か??w

とりあえず本体スペック的には
マザーはIntel P35 Express チップセット ATXマザーボード (MSI製 P35NEO-F)
CPUは Core 2 Duo E6850 (4MBキャッシュ/3.00GHz/1333MHz FSB/EM64T)
なかなか強力なんじゃないでしょうか。

あとちょいとだけカスタマイズして
メモリを PC6400 DDR-2 SDRAM 2048MB に
HDDを 500GB (SerialATAII/7200rpm/16MBキャッシュ搭載)にしてみました。
グラボはゲームとかはしないのでワンランク落として
nVIDIA GeForce 8600GT/256MB(PCI-Express/DualDVI/TV出力/GDDR3メモリ)
ってやつにしました。Dualディスプレイ環境が自分的に必須だったので
もっと安いやつを自分で後付してもよかったんですが面倒なのでw

さすがになかなかパワーのあるスペックなので
重いのろいといわれるVISTAでもそれなりに快適に動作しています。

まぁVISTAの一番の欠点はXP時代の資産が
あんまり使えないってことなんですけどw

とりあえず Firefox、GOMPlayer等のお気に入りソフトだけ入れて使っています。
あとムービーメーカーでくだらない動画をちょこちょこと作るんですが
この辺はさすがにパワーがあっていいなーと感じました。

そして現状でパソコンも3台になりました。
お出かけのお供&寝パソの LOOX U
死にそうながらかろうじて動いているXPのデスクトップ
今回買ったツクモ電気さんのデスクトップPC

ああ、あと壊れて修理してない LOOX T もありましたw

W-ZERO3シリーズも全部あったりで
マイルームはなかなかデジタルなお部屋になっておりますw

とまぁどうでもいい報告でしたw

電話着信時アプリ終了MortScript

--記事の履歴--
追記(H20.1.12)
公開(H20.1.10)


先日zinizumiさんという方からメールを頂きました。
MortPlayerで音楽を聞いている時に電話を着信したら
MortPlayerを終了させるという処理をMortScriptで
作成することができるでしょうか?という内容でした。

ルーチンを少し考えてみたところ出来そうなので
「出来ますよ」と返信したのですが
ついついお節介心でスクリプトを組んでしまいましたw
ご自分で作成されようとしてたみたいでしたので
ああ、お節介お節介www
老婆心ということでご勘弁をw

話は戻ってそもそも何故MortPlayerで音楽を聞いてる時に
電話を着信したらMortPlayerを終了させる必要があるのでしょうか?

zinizumiさんのブログを読んでみて納得しました。
↓zinzumiさんの記事です。
MortPlayer 自動終了への道 on アドエス

MortPlayer等のメディアプレーヤーで音楽を聞いているときに
電話を着信した場合、ほとんどのプレーヤーでは通話中は
音楽の再生を一時停止します。
そして通話が終了すると再び音楽を再生し始めるのですが、
音楽を聞いてる時というのはほとんどの場合ヘッドホンをしています。
電話を着信したらヘッドホンを本体から外して電話に出ます。
ここがポイントですね。
つまり通話終了時に再び音楽が再生される時、
ヘッドホンを付けていないので音楽が外部スピーカーから再生されてしまう。
そこで慌ててプレーヤーを停止したり、ヘッドホンを刺したりといった
行動をすることになります。
これをなんとかしようというのが今回のスクリプトの目的です。

ダウンロードはこちらから

今回のスクリプトはMortPlayerを対象としているのですが
自分自身MortPlayerを使っていなかったのでTCPMPで作成してあります。
コードの一番上の2行を編集していただければ他のプレーヤーでも対応できます。

denwaappclose1.png
起動すると指定されたプレーヤーを起動して常駐します。

denwaappclose2.png
電話を着信するとプレーヤーを終了してスクリプトも終了します。

内容的にはスクリプトを起動すると指定されたプレーヤーを起動して
一定の間隔で電話アプリのレジストリキーを監視します。
電話アプリがアクティブになった場合、それが着信だったらプレーヤーを終了し
スクリプト本体も終了します。着信でなければそのまま監視を続けます。

電話着信がないままプレーヤーを終了させた場合は
そのままスクリプト本体も終了します。

着信の判断は電話アプリの特定座標(X100,Y80)のカラーで判断しています。
事前に電話アプリを立ち上げたときと履歴を閲覧している状態での
カラーを取得しておいたので、それ以外のカラーを取得した場合のみ
着信と判断してプレーヤーを終了するようになっています。
(着信画面の色はテーマによって違いますので)


追記
電話アプリの監視方法をレジストリから取得するように変更しました。
HKCU\Software\Sharp\PhoneAppのLockPhone値を取得しています。
待ち受け状態ではLockPhoneは0を返しますので
それ以外の状態になったらアプリを終了するようにしました。
これにより指定座標でのカラーチェックよりもより安定した動作が
期待できると思います。またコードも若干スリムになりました。
oriさんの貴重な情報によりこの改定をすることができました。
大変有用な情報をありがとうございました。

処理の都合上、発信でも終了しますが音楽を再生しながら
電話しようという人もあまりいないと思いますのでそこは対応してませんw


※注意事項いろいろ

Ad[es]専用になります。
無印esや初代では試してはいないのですが着信判断に使用している
電話アプリのX軸100、Y軸80のカラーコードが同じであれば
そのまま動作すると思います。
違う場合は電話アプリの通常時と履歴画面のX100、Y80のカラーコードを
取得しなおしてコードを編集する必要があります。

また、電話アプリのバージョンアップ等で色が変わってしまった場合も
カラーコードを取得しなおしてコードを編集する必要があります。

あとテーマによっては判断処理に使用しているカラーと
着信画面の色が同じ色になってしまう場合もあるかもしれません。
その場合は正常動作しません。

Ad[es]でしか動作確認をしておりません。
無印esや初代でも動作するかもしれませんが未確認です。
また処理の判断に用いているレジストリはW-ZERO3固有のものですので
他の機種では動作いたしません。


最後に

ご使用は自己責任にてお願いします。
着信の判断ルーチンが特定座標のカラーで判断する方法しか
思いつかなかったので実は結構綱渡り的なルーチンです。
もっと有効な判断方法をご存知の方がいたら教えて頂けたら嬉しいです。

レジストリから取得できました。ori様貴重な情報ありがとうございました。

今回のスクリプトはzinzumiさんのご質問から
自分が勝手に作ったものです。
また記事にすることにも了承していただきました。
ありがとうございました。

同様の悩みを持つ方がいたらお使いください。

QuickMenu

年末年始はドタバタしててほとんど更新できず仕舞いでしたが
今日からまたぼちぼちとネタ投下していきたいなーなんて思っていますw
本年もよろしくお願いしますw

さてさてそんな新年1発目はQuickMenuの紹介をしたいと思います。
標準のスタートメニュータイプのタクスマネージャ兼ランチャーです。
階層型になっていて設定やプログラムをささっと呼び出せるのが特徴です。

また自分の好きなようにカスタマイズもできます。
というかこのソフトほしい機能が一通りそろっちゃってます。

↓ダウンロードはこちらから
http://www.alensw.com/read.php?1
English Version(WM5/WM6)をダウンロードします。

↓海外ソフトですので日本語化のMUIはこちら
http://lark-andante.seesaa.net/article/76490678.html

まずは百聞は一見にしかずキャプチャを数枚。

QuickMenu01.png
階層型のランチャーになっています。
階層型はズラリと一覧で表示されるので非常に使い易いです。
初期状態はスタートメニュー、プログラムのショートカットを
一覧するようになってますが個別のフォルダを指定することも可能です。

QuickMenu05.png
タスク切換え、終了もこの通り

QuickMenu02.png
設定も階層型メニューから選択できます

QuickMenu03.png
設定が豊富です。
OKボタンタスククローズ機能があります。(すごいなー)
PC接続切断時にActiveSyncを自動終了してくれる設定もあります。
これまた何気に便利!!

QuickMenu04.png
denwa.exe等終了させたくないアプリは非表示、非終了といった
設定ができるようになっています。

常駐ソフトですがスタートキー押下、スタートボタンタップを乗っ取っていますので
QuickMenuが常時立ち上がります。(便利すぎ!!)

一通り使ってみた感想ですがこれはすごすぎですね。
スタートメニュータイプのタクスマネージャ兼ランチャーとしては
現在もっとも使い易いと思います。またフリーなのも嬉しいところです。
ただ常駐型なのでこの辺が人によって判断の分かれ目になるかもしれません。

また問題点としてAd[es]での使用の場合なぜか画面回転キーが
QuickMenuに置き換えられてしまいます。

QuickMenu06.png
何故か書き換えられます。


QuickMenu07.png
ボタン設定で設定しなおせば元に戻せるのですが

QuickMenu06.png
リセットするとまたQuickMenuになってしまいます。

この辺はキーフック系のアプリで対処する事ができます。
自分の場合PQzⅡを常用してるのでこちらで対処しました。
まずはQuickMenuの設定でデバイス起動時の自動起動を外します。
Multi Key Hookにて起動順序を
QuickMenu
PQz
のようにQuickMenuより後にPQzを起動さるようにします。

QuickMenu08.png

後はPQzでAPP3キーを乗っ取ってしまえばOKです。
自分はWkTaskを/rオプションで起動させて
画面回転として使っています。

ただこの方法はキーフック系のソフトを常用してる人はいいのですが
キーフック系のソフトを利用していない方の場合
この対策だけで複数のソフトを導入することになってしまいます。
この辺は他の対策がいまのとこ思いつきませんでした。

とはいえここまで高機能で個人的な主観もありますが
階層型のメニューランチャーというのは視覚的にもっとも
使い易いタイプであると思いますので
自分的にはすっかり定番ソフトになってしまいましたw

また海外ソフトということもあって日本語化のMUIには
ホントに助かっています。

QuickMenuの作成者様及び日本語化MUIの作成者様には
感謝して使わせていただいております。

Ad[es]での使用では画面回転キー対策の問題もありますが
非常にお勧めのソフトです。
定番ソフトというかOSに組み込んでほしいとさえ思いましたw
非常に高機能なタクスマネージャ兼ランチャーソフトです。

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

去年の7月から始めたこのブログも初めての年越しとなりました。
あんまり有益な情報はありませんが
これからも頑張っていきたいと思います。

去年は個人向けのスマートフォンとしてWILLCOMから
Ad[es]が発売になりました。
SOFTBANKからもX02HT、X01T等発売になり
スマートフォンがかなり身近になってきたなーと感じました。

今年もいっぱい出てユーザーを楽しませてほしいところです。
とりわけWILLCOMには期待しつつ
今年もスマートフォンライフを楽しんでいきたいと思います。
プロフィール

みぎろー

HYBRID W-ZERO3
管理人:みぎろー
モバイルな機器を日々愛しんでおります
さしたる記事もございませんが
お付き合いください。

すまーつ工房展示場はこちら

ご用の際はこちら

広告
ウィルコムストア

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
全記事一覧表示

全ての記事を一覧表示する

FC2カウンター

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。