スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ウィルコム定額プランGの料金改定

HYBRID W-ZERO3専用の料金システム
「新ウィルコム定額プランG」の料金が改定されました

↓詳しくはこちら
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2010/03/12/index_06.html

当初PHSデータ通信は上限2800円の
上限付の従量定額だったのですが
PHSデータ通信は無料とするそうです

つまりデータ通信をPHSに切り替えてさえおけば
基本料金1450円のみで使用できるということ

自分は端末をW-VALUEで購入してるので
基本料金 1450円 + 端末代金 1480円 = 2930円
2930円だけでデータ通信し放題ということのようです

まぁ安いことこの上ないわけですが
ちょっと大丈夫なの?と心配になります

恐らくは会社更生手続を開始してからユーザー離れが進んでいますので
それに歯止めを掛けるための策といったとこだとは思います

まぁ実際は新ウィルコム定額プランGには
料金システムに不具合があったなんて話も聞きますので
「もういいや無料にしちまえ!」なんて開き直りが
あったのかなーなんて邪推もしてしまいましたがw

とりあえず安いのはいいことです
いろいろ1ユーザーとして思うところもありますが
そこは黙して語らず成り行きを見守りましょう

しかし安いなぁ~
スポンサーサイト

全ての人が幸せになれますように

HYBRID W-ZERO3のお値段と
その専用プランたる新ウィルコム定額プランGが発表されました

http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/12/17/index.html

ハイブリッドな料金なので少々わかりにくい点もありますが
安いんじゃないかなーと思います

ちなみにHYBRID W-ZERO3専用プランなので購入する場合
他に選択肢がないというのはある意味わかりやすくていいですねw


さてその専用プランたる「新ウィルコム定額プランG」ですが
基本料金は1450円でウィルコム同士の通話は無料
通話料金は30秒/21円(固定電話、携帯共)となっています

普通の新ウィルコム定額プランの場合だと
固定電話 10.5円/30秒
携帯電話 13.125円/30秒
なので通話料金はずいぶん引き上げられましたね
その分基本料金は引き下げられましたので
あまり通話利用しない方には嬉しいですね
通話をガンガンするという方には頭が痛いですがw



そして通信料金のほうですが
PHS、3G共に 0.105円/パケット となっています

普通の新ウィルコム定額プランの場合だと
0.084円/パケットですので
これも少しお高くなっています

上限はPHSなら 2800円3Gなら 5250円となっています

基本料金は無料です


ちなみにメールについてはPHSだと無料ですが
3Gではメールも有料のようですので注意が必要です



そして気になる端末代金ですが
「W-VALUE SELECT」で購入した場合
月額実質負担額は1,480円(24回払いの場合)です

基本料金 1450円 + 端末代金 1480円 = 2930円
2930円から使い始めることができるわけですね

通話する相手がウィルコムユーザーのみで
メールも回線をPHSに設定しておけば
これ以上お金はかからないわけです

そしてWEB通信は全て無線LANを利用!
そうすればなんと2930円で新しい端末が利用できます!!

安い!!

と、少し極端な例でしたねw

とりあえず通信しまくるようなコアなユーザーの場合として
端末代金を含んだ上限まで通信した場合の全額を出してみましょう


快適性を優先して3Gを利用した場合
基本料金 1450円 + 端末代金 1480円 + 3G上限 5250円 = 8180円


節約志向でPHSを利用した場合
基本料金 1450円 + 端末代金 1480円 + PHS上限 2800円 = 5730円


料金プランは1種類ですが
3GかPHSかの選択で料金が大分変わります
その判断はユーザーにお任せしますということですね

PHSは黒耳になって速度も向上してますし(基地局次第ですがw)
節約志向で行くのもいいかなーと思います

ただ少し疑問が残るのは
3Gを選んだらメールも3Gになっちゃうんですかねー?
メールはPHS、他の通信は3Gといった使い方はできるんでしょうか?
この辺はどうなの?ウィルコムさん

無線LANは相変わらずあるわけですし
賢く利用すれば基本料金が1450円というのは安いですからね
お財布にも優しそうですw





さて





ここで少し話の方向が変わりますが
新ウィルコム定額プランGの基本料金は1450円です
これは従来の新ウィルコム定額プランの2900円の実に半分なわけです
端末代金を含めても2930円

通話料金は少し高くなるので通話の利用頻度にもよりますが
メールと通話だけで他の通信はほとんどしないというような人達
従来の携帯で必要十分だよというような携帯にあまり興味のない層

ウィルコムでいうなら普通の音声端末使ってるような方々は
実は全員HYBRID W-ZERO3に機種変更したほうが幸せになれるのでは?

端末代金入れても2930円から利用できるわけですから
その差額はたったの30円です
端末代金さえ払ってしまえば月1450円でPHS回線ならメールも無料です


たとえばソフトバンクの集客力の要ともいえるホワイトプラン
これは月980円とすごく安いですが
メールを利用するには315円のS!ベーシックパックが必要です
合計1295円
たしかにそれでもまだソフトバンクのほうが安いですが
ソフトバンク以外へのメールや通話は

30秒/21円
0.21円/パケット

あんまり安くありません
ちなみにWEBは別途定額プランを契約しないとパケ死しますw

そこいくとウィルコムのメール無料(PHS)は実に魅力的なのです
他のキャリアから画像添付のメールなんか受け取ってると
ソフトバンクはかなりキツイですが
その点他のキャリアからのメールでもウィルコムは無料です
なんかすごいですよねw

実はコアなマニア層よりも携帯にお金掛けたくないような層に一番しっくりくる
端末なんじゃないでしょうか?


ただ少し難点として

確かに料金そのものは安いんですが
なんといってもWindowsMobileという普通の人には凄まじく取っつきにくい端末です
QWERTYを外して10キーにしたといってもそれだけは不足でしょう
まぁ今回はシャープのほうで普通の携帯っぽいシェルを被せてるようですので
あんがい普通に利用できる可能性はありますが・・・はたして
後はエリアですね。人工カバー率99%以上なんて言っても
駅などの公共機関ですら全てはカバーできていません(特に地方)
その2点だけなんとかなれば実にお勧めできる端末なんですよ


ひょっとしたら全ての人が幸せになれる端末かもしれません


ちょっと大袈裟な物言いになってしまいましたが
この料金プランは結構魅力的だと思います
コアなユーザーもそうでないユーザーも納得できるものなんじゃないでしょうか?

これが売れないとウィルコムも厳しいでしょうからね
なかなか頑張ったと思います

あと最後に老婆心からウィルコムに言っておきたいこととして
HYBRID W-ZERO3のCMをやるとは思いますが
その際は

最新のスマートフォンが
基本料金1450円から利用出来ること
他のキャリアからでもメールが無料であること
3Gによる高速通信が利用可能であること
そして一般の携帯ユーザーでも違和感なく使用できるように
10キーをつけたこと

この辺は強く打ち出していくべきしょう
ウィルコムのCMは毎回毎回何を言いたいのか判りにくいですからね
CMを見た人が「これは安い!」とか「これはすごい!」とか
わかりやすいものにしたほうがいいと思います

さぁ働け!じゃダメっすよw

さてと随分長々と駄文を連ねてしまいましたが
年明け14日より予約開始だそうなので
とりあえず突撃決定しました
発売日は2010年1月28日(木)

楽しみに待つことといたしましょう

HYBRID W-ZERO3

image.jpg

発表されましたねー
うーんなんとも予想外でしたw

細かいところは公式ページを見てもらうとして

まさか

まさかQWERTYを捨てるとは・・・

うーんまったく予想できませんでした

ワンセグやイルミキーを捨てるとかじゃわかりますが
長らくのアイデンティティーをこうもあっさり捨てるとは
うーむ

まぁとりあえず発表になった情報だけで分析を進めると

10キーとXcrawl(エクスクロール)の復活
今回スライドで出てくるのは10キーなんですね
キー無し端末というわけではないんですが
この辺はどうなんですかねー
10キー派とQWERTY派に分かれそう
エクスクロールのほうはジョグ機能内蔵してるそうです
Ad[es]のものより使い勝手良くなってるのかなぁ

そして新しいSIMが登場しました
ようやくもって登場です
黒耳です
W-OAM TYPE-Gに対応してますんで
まぁ基地局によるところがありますが
最大で赤耳、青耳の倍近い速度が期待できますね
これは嬉しい誤算といえると思います

そしてこの端末WILLCOM CORE3GのSIMが刺せるようになってます
なるほどこれがHYBRID W-ZERO3のHYBRIDたる所以というわけですね
XGPはやっぱり搭載されませんねw
ていうか切替はどうなるのかなー

ワンセグは排除されました
まぁ正直全然使ってないんで構いませんけどw
そのかわりGPSが搭載されます
ワンセグよりは遥かに使えるんで
まぁこれは納得ですね

CPUはQualcomm® MSM7200A、ARM11 528MHz
クロックはさほど変わりません
処理速度に関してはほぼ横這いですね
Bluetoothヘッドフォンで曲聞いたりしてると
もっさもさで嫌になったりしてたんですが
SnapDragon積んでほしかったなぁ~
残念

カメラはめちゃくちゃパワーアップしてます(500万画素)
ですがいままでの端末もそうですがCPUパワーが追いつかなくて
動画を見る限りもっさりカメラのようですね
まぁキレイに撮れれば多少のもっさりは我慢しますが


あとモバイルsuicaやおさいふケータイは今回も見送りのようですね
いつまで我慢しなきゃならないのかなー



さてさて



しかしQWERTYを捨てましたかー

今回のHYBRID W-ZERO3においてこれが一番の驚きですね

正直QWERTYは切り捨ててほしくなかったですねー
まぁ多分買いますけどねw



ですが少しだけ期待してる部分があるんですよ



そんなところある?なんて言われそうですが
今回のHYBRID W-ZERO3
マニア好みの端末とは言えないんですが
QWERTYもないですしね

ですが

だからこそ





売れるかもしれませんw




QWERTYは使ってみれば便利極まりないものなんですが
普通に携帯に慣れ親しんだ人にはちょっと躊躇するものなのかもしれません
今回のW-ZERO3はあえてアイデンティティーを捨てたわけです
その心は「売れてくれ!!」だと思いますので
あえてこういう方向性にしたのだと思います

まぁだったらおさいふケータイ機能やsuicaは付けろよと
突っ込みたくはありますが多分そういう事なんだろうなーと

後がないWILLCOMとしてはコアなマニア層よりも
一般層を狙ったという事なんでしょう

初代からのユーザーとしてはQWERTYの消滅はがっかり以外の何物でもありませんが
ここまでWILLCOMを応援してきたユーザーとしては

毒を食わらば皿までですw

とことん付き合っていきましょうw

WILLCOM ゴールデンウィーク スペシャル企画キャンペーン

2009年4月23日(木)~5月10日(日)のキャンペーン期間中に
以下の対象機種でW-VALUE SELECTにて新規ご契約いただいた場合
「新つなぎ放題」の月額料金3,880円および機種代金あわせて
月額980円にて2年間インターネットが使い放題となるそうです。

ちなみに対象機種は

AX420N / AX420S / WS014IN / WS008HA / WS002IN / NS001U

の6機種

まぁ詳しい内容はWILLCOMのHPを見て頂くとして
これはさすがに安いと感じますね
「Catch ! WILLCOMキャンペーン」のほうはさしたる魅力も感じませんが
こちらは間違えると買ってしまいそうw

ただ最近は外出時にPCを持ち歩くのが億劫で
WILLCOM 03で済ましてしまってるので
はたしてどこまで利用するかで導入が決まりますね

ちなみにプロバイダ料金が別途必要なので
契約とか面倒な人はPRINを使うのが手っ取り早いです

PRINは5.25円/60秒(新つなぎ放題)の従量課金なので
月5時間以上の利用で上限である1,575円で打ち止めとなります
よって最大で980円+1,575円=2,555円かかります
ここは注意しておきましょう

まぁそれでも安い事に変わりはありませんし
もっと安いプロバイダを使えばお得感もより増すことと思います
ライバル(?)たるE-MOBILEに比べても
確かに安いです(速度は天地ほどの差ですけどw)

総合で考えるとライトユーザーにほど
お勧めできるものになっていると思います

自分的に気になったのは
NS001U や WS002IN、WS014INみたいなW-SIMの端末の場合は
いま使っていないW-ZERO3にSIM刺して使えばプロバイダ料も
掛からずに使えるのかなーということw
反則ですかね?w
特に問題もないようにも思うのですが・・・さてさて

「WILLCOM CORE XGP」のエリア限定サービス開始

いよいよ次世代PHSたるWILLCOM CORE XGPの
限定サービスが今月27日から開始されるそうです。

まだまだ試験的な段階のようで
500ユーザーにモニターしてもらうという
超小規模なもので提供エリアも下の画像にあるように
非常に狭いエリアに限定されます。

image.jpg

最初は第1段階としてオレンジ色の部分が
6月以降に第2段階としてブルーのエリアが追加されるそうです。

そして10月に運用開始という予定のようですが
それまでに東京23区くらいはカバーできるようになるんでしょうか?

端末はPC向けのデータ通信カードが2種類用意されるみたいです

GX000N(NECインフロンティア製)
GX000N.jpg

GX000IN(ネットインデックス製)
GX000IN.jpg

ちなみに専用サイトもできてます↓
http://www.willcom-inc.com/core/index.html

現状では一般ユーザーにはまるで関係のないお話ではありますが
エリアを見る限り東京都内をカバーするだけでも
相当な時間が必要だと思いますので運用開始時に
どこまでカバーする予定なんでしょう?
とりあえずは第一歩を踏み出したといったところみたいです

しかしWILLCOMという会社は資本の問題もあるんでしょうけど
どうも消費者の求めるものを求める時期に提供できない弱さがあります
(おサイフケータイは今年になってようやくですし)
そしてたまに明後日の方向に変化球を投げたりします(D4とかNSとか)
メインは音声端末でしょうから
どうしても所有したくなるような極めて魅力的な端末
個人的にはTTみたいな極小の端末なんかいいと思うんですけど
あとは毎回書いてますが高性能なスマートフォンプリーズ!!
なんにしても端末の魅力で客引きするしか手はないと思います。

まぁ自分はマーケティングなんて全然わかりませんし
自分が言うような端末だしたからって契約者倍増とはならないかもしれません
しっかりしたマーケティングの元に出されているとは思いますが
D4やNSはどうにも的外れな感じが・・・うーん

兎も角 WILLCOM CORE XGP は絵に書いた餅から
一部の人間、一部の地域のみですが
実際に食すことのできる餅にまでなりました!!
これは素直に喜びたいと思います。

WILLCOM COREで巻き返しなるか!!
プロフィール

みぎろー

HYBRID W-ZERO3
管理人:みぎろー
モバイルな機器を日々愛しんでおります
さしたる記事もございませんが
お付き合いください。

すまーつ工房展示場はこちら

ご用の際はこちら

広告
ウィルコムストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
全記事一覧表示

全ての記事を一覧表示する

FC2カウンター

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。